春夏のイベントと言えば、
バーベキューはやはり鉄板ですよね!!

出会いの場にもなりえる
バーベキューでのメンズファッションは、
実はかなり重要なんです。

そこで今回は、
バーベキューコーデで失敗しない為の
2つのポイントをお教えします。

スポンサーリンク

 

バーベキューコーデの2つのポイント

バーベキューの画像
(ヤバい、よだれが・・・。笑)

 

いくらバーベキューで
ラフな格好が許されていたとしても、

上下ジャージやスウェットなどでは
おしゃれ感が無さすぎですよね。

 

多少ラフではあるんだけども、
しっかりおしゃれに見える。

こんな感じのコーデを
バーベキューでは心がけたいところです。

 

そんな春夏のバーベキューの時の
メンズファッションで重要なポイントは、

  • キメキメな恰好はダメ
  • 羽織れるアウターは必須

この2つですね。

それぞれ掘り下げてお話します。

スポンサーリンク

1.キメキメな恰好はダメ!!

キメてるコーデの画像
出典 zozo.jp

例えかわいい女子が参加する
大事なバーベキューだったとしても、

女子ウケを狙いすぎるあまり、
キメキメな恰好をしていってはNGです。

 

バーベキューって気を付けていても
服が結構汚れちゃうもんです。

フリスビーや花火をするかもですし、
もちろん片づけもしなきゃいけません。

 

・・・にも関わらず、
カチッとしたテーラードジャケットを着てたり、

動きづらいスラックスや、
革靴を履いていってしまうと、

「お前マジで何しに来たの?」

と、女子にも男子にも
ドン引きされてしまう危険性があります。

 

ハットなどの小物なら
まだ支障がないので良いと思いますが、

汚れちゃいますので、
白シャツなども避けた方が無難ですね。

 

ちなみに、以前の記事でおすすめした
夏に真似したいポロシャツコーデや、

夏に真似したいメンズファッションおすすめ2選

 

春におすすめの
パーカーを使ったシンプルコーデ

大学生におすすめしたい春のメンズコーデ3選

これらであれば、

バーベキューにもいい感じに、
対応できるかと思います。

 

2.羽織れるアウターは必須

薄手のパーカー羽織ってる画像
出典 zozo.jp

これ、意外と重要です。

真夏のクソ暑い日ならば、
半袖1枚でもいいかもしれませんが、

5,6月だったり、
9月のちょっと涼しい時期だと、
夕方になってくると結構寒いです。

 

そんな時にサラッと羽織れる、
薄手のパーカーやカーディガンなどの、

ライトアウター的なものがあると、
非常~に便利なんです!!

 

また、僕は先日ちょうど
バーベキューをやったのですが、

ずっと半袖で過ごしていたら、
シャレにならないくらい日焼けしてしまい、
現在、腕が真っ赤に腫れ上がっています(笑)

 

正直、ヒリヒリして辛いので、
薄手で涼しいアウターを羽織るか、

そもそも長袖だけど涼しい、
リネン素材のシャツなどを着ていけば
良かったなと後悔しています・・・。

 

別に夏ですから、
多少日焼けしても嫌ではないのですが、

一気に焼けると僕のように、
ヒリヒリして辛くなってしまいますので、
薄手の羽織りものは意外と必須ですよ!!

 

ハーフパンツを履くなら・・・

夏場のバーベキューであれば、
ズボンはハーフパンツ1択と言っていいくらい、
鉄板なアイテムですよね(笑)

涼しいし動きやすいし、
バーベキューなど、夏場のアクティブな日には
やはりハーフパンツはピッタリです。

 

でも、ハーフパンツを履くならば
絶対に守らなければいけない1つのルールがあるんです。

ハーフパンツ履くならこれだけは守れ!!