春夏のメンズシューズで、
サンダル代わりに履けるエスパドリーユは
新定番となりつつありますが、

実は、エスパドリーユは
サイズの選び方が少し難しいんです。

そこで今回は、
失敗しないエスパドリーユのサイズの選び方
バッチリお伝えします。

スポンサーリンク

 

サイズ選びの基本

エスパドリーユ履いてる画像
出典 zozo.jp

例えば、
スニーカーなどのサイズ選びの場合には、
少し大きめのものを選ぶと良い。

なんてよく言われたりしますが、
エスパドリーユの場合はNGです。

 

エスパドリーユを選ぶ際には、
ジャストサイズは基本中の基本で、

もっと言うなら、
やや小さめのものを選んだ方が良いです。

 

・なぜ小さめが良いのか

「小さめだとキツくない?」

「靴ずれしちゃいそうじゃない?」

こう思われるかもですが、
それは大丈夫です!!

 

基本的にエスパドリーユは、
麻や綿などといった、
伸びやすい生地で作られています。

なので、少し小さめで、
ややキツいサイズ感のものでも、

履いてるとすぐに生地が伸びて、
どんどん足になじんで履き心地が良くなっていきます。

 

なので、最初は少しキツいくらいの
小さめのサイズを選んだ方が良いんですね。

スポンサーリンク

素材には要注意!!

レザーのエスパドリーユの画像
出典 zozo.jp

ここまでお話した通り、
エスパドリーユは少し小さめのサイズを
選ぶのがおすすめなのですが、

最近では、
レザーを使用したものなんてのもあります。

 

レザーだと当然、
綿や麻のようには伸びませんから、

小さめサイズを選んでしまうと、
涙で枕を濡らすことになります(笑)

 

サンダルの代わりとして、
夏用にエスパドリーユを選ぶ場合には、

通気性の良い綿や麻などを選ぶと思うので
それなら問題無いかと思いますが、

 

そうでない場合で、
レザーなど固い素材のものを選ぶ場合には、
しっかりジャストサイズのものを選びましょう。

基本的に紐がない靴なので、
逆に大きめっていうのもNGですよ!!

 

・なんでサンダルよりエスパドリーユなの?

春夏の暑い時期には、
やっぱりサンダルっしょ!!

となりがちですが、
僕はサンダルよりも圧倒的に、
エスパドリーユをおすすめします。

エスパドリーユがサンダルより100倍おすすめな理由