最近はH&Mなど、海外で人気の
ファストファッションブランドが、
日本にもかなり進出してきていて、

それらの安い服でも余裕で、
オシャレに着こなす事はできます。

ですが、
気を付けなければいけない点もあるので、
今回はそこについてお話します。

スポンサーリンク

 

H&Mの服ってオシャレなの?

H&Mの画像

H&Mは2008年に日本に上陸してから
なかなかの勢いで店舗数を伸ばし、
現在は全国に50店舗以上もあります。

 

日本のファストファッションと言えば、
やっぱりユニクロが一番有名だと思いますが、

ユニクロが定番アイテムばかり作るのに対し、
H&Mは流行をとにかく追っていくスタンスで、
デザイン性を非常に重視しているのが特徴ですね。

 

なんでも、1度生産した商品は
2度と再生産しない方針なんだとか・・・。

(なかなか気合入ってますよね。笑)

 

H&Mはそんな感じなので、
ユニクロの商品と比較してみると、
圧倒的にオシャレなアイテムが多いです。

また、上述のようなスタンスなので、
アイテムが他人と被りにくいというメリットも、
ユニクロに比べれば、結構あると思います。

 

もちろん、ゴミみたいな商品もありますが(笑)

「デザインだけ」で商品を見ると、
H&Mは値段の割にこだわったものが多いんですね。

 

・デザインはオシャレだけども・・・

H&Mは服の値段が安い上に、
デザインも流行をいち早く取り入れ
オシャレなものが多いので、

デザインでユニクロと比較すると、

 

H&M >>> ユニクロ

くらいの勢いで(笑)
圧倒的にユニクロより優れています。

でも、品質は最悪です・・・。

 

ユニクロは長く使える定番アイテムを
大量生産していくスタンスなのに対し、

H&Mはひたすら流行を追いかけて、
新しいデザインの服をバンバン作っているので、

品質にまでこだわる事は、
コスト的に厳しくなっちゃうので、
これは当然っちゃ当然なんですけどね・・・。

 

ちなみに、
品質で比較するならば、

ユニクロ >>>>> H&M

このくらいは違うんじゃないでしょうか?笑

スポンサーリンク

品質とデザイン、どっちが大事?

高品質な素材の画像

「安いしデザインも良いけど、品質が悪い。」

H&Mはこんな感じですが、
そもそも、洋服の品質とデザインって、
どっちが大事だと思いますか?

 

・・・もちろん、
どっちも大事な要素ではあるのですが、

どちらかと言うと、
圧倒的にデザインの方が大事です。

 

例え高級素材を使っていたとしても、
デザインがダサいものだった場合、
どうあがいてもダサいですからね(笑)

逆に、ゴミのような素材でも、
デザインが洗練されたものであれば、
そこそこオシャレに見せれますからね。

 

・・・なんですが、
あまりにも品質が悪いものの場合、

安っぽく見られすぎてしまい、
デザイン云々の話の前に、
「ダサい!!」となってしまう危険性もあるんです。

 

・H&Mで使えるアイテムを選ぶコツは?

ここまでの話を踏まえた上で、
H&Mで使えるアイテムを選ぶコツは、
品質の悪さが目立たないものを選ぶ事です。

 

「H&Mで品質の良いアイテムを探す。」

っていうのは実は難しい話で、
基本的に全てのアイテムの品質が悪いですからね(笑)

 

そして、品質の悪さが目立たないものを選ぶコツは、
過度なデザインものは避ける事が重要です。

デザイン性が強くなればなるほど、
品質の悪さって目立ってしまいがちなんです。

 

だから、デザイナーズブランドとかの服って、
やたらと良い素材を使っていたりするのもあって、
値段が高すぎて手が出なかったりする訳ですね(笑)

なので、やたらと加工や装飾があったり、
派手なデザインのものは避けた方が無難ですね。

 

そういったものを避けて、
なるべくベーシックなものを選びさえすれば、

H&Mの安い服であっても、
オシャレに使えるアイテムを選ぶ事ができます。

 

ちなみにこれは、
ユニクロで使えるアイテムを選ぶコツとも
共通する要素が結構あったりしますね。

ユニクロで使えるアイテムを選ぶ3つのコツ

 

まとめ:H&Mは良いけど悪い(笑)

H&Mの安い服でも、
オシャレに見せる事は十分に可能。

でも、品質がとにかく悪いので、
品質の悪さが目立ちすぎてしまうような、
デザイン性の高いアイテムは避けた方が無難。