いくら夏で暑くても、
足を出したくないからという理由で
長ズボンを履く人も多いはず。

ただ、夏に長ズボンを履くなら、
長ズボンでも暑苦しく見せない方法
涼しげに履きこなしましょう!!

スポンサーリンク

 

夏に長ズボンでも暑苦しく見せない方法

まずは、長ズボンを履いた夏コーデの
3枚の写真をご覧ください。

ロールアップして素肌見せ1
出典 zozo.jp

この写真のような
色落ちのインディゴデニムでも、

夏のモノトーンコーデの画像5
出典 zozo.jp

足をスッキリと見せる
黒のスキニーデニムでも、

ロールアップして肌見せ2
出典 zozo.jp

流行りのスラックス調のパンツでも、
3人とも長ズボンを履いている訳ですが、

共通して実践している
ちょっとした小技があります。

 

それは、

「ロールアップして素肌見せ」

これなんです!!

スポンサーリンク

「ロールアップして素肌見せ」3つのメリット

ロールアップして素肌見せ3
出典 zozo.jp

1.少し季節感を出せる

長ズボンをロールアップして
素肌をチラリと見せる事によって、

春夏の暖かいシーズンに適した
季節感を少し演出する事ができます。

 

逆を言えば、
秋冬のシーズンにこれはNGで、

寒い時期にロールアップするのであれば、
靴下をちょい見せするのが良いですね。

【3つの秘訣】靴下ちょい見せコーデをおしゃれに見せるには?

 

2.足元をスッキリと見せれる

ロールアップしてない長ズボン
出典 zozo.jp

どんなにジャストサイズでも、
長ズボンって基本的に少し長さが余るので、
裾の部分にシワができてしまいます。

ロールアップした長ズボン
出典 zozo.jp

でも、足首が見えるくらいまで
軽くロールアップしてあげさえすれば、

余計なシワも無くなり、
足元をスッキリと見せる事ができます。

 

3.若干涼しい(笑)

これは言うまでもないかもですが、
長ズボンを普通に履くよりも、

ロールアップして少し素肌を出した方が、
若干ですが、涼しく履く事ができます。

 

まぁでも、日本の夏の
えげつない暑さの日などでは、

ほぼほぼ差を実感できないくらいの
微々たる差ではありますけどね・・・。

 

ですが、
もし暑いけどハーフパンツが似合わないから、
俺は仕方なく長ズボンを履いてるんだ!!

・・・ってな場合、
実はそれってただの勘違いで、

上手く履きこなせていないだけの可能性
もありますので、下記の記事も読んでみてください!!

夏でもメンズのハーフパンツはダサい?女子ウケ最悪ってマジ?

 

ロールアップはダサくないの?

ロールアップした長ズボン2
出典 zozo.jp

流行の着こなしと言うよりは、
ロールアップはもはや、

定番と言えるレベルになっているかと
個人的には思っているのですが、

 

巷やネット上ではまだまだ、

「ロールアップはダサい!!」

と言われてたりするみたいですね。

 

でも大丈夫です。

ロールアップは全然ダサくないですし、
春夏秋と3シーズン大活躍する
メンズコーデの必須テクニックなんです!!

ダサくないよ?おしゃれなロールアップのやり方とコツ

 

ちなみに、

  • 「素肌見せって事は靴下履かないの?」
  • 「ロールアップってどれくらい捲ればいいの?」

・・・などの疑問についても、
上記の記事でバッチリと解説しています!!