飛ぶように売れているらしい
ユニクロのジョガーパンツですが、

上手に着こなしている人を
街であまり見かけません・・・。

そこで、
購入を検討しているあなたに
2つのコツをお教えします。

スポンサーリンク

2つのコツとは?

ユニクロのジョガーパンツ
出典 uniqlo.com

2,990円(+税)と格安で
バカ売れしているらしい
ユニクロのジョガーパンツですが、

テキトーに選んでしまうと
お洒落に着こなす事が
非常に難しくなってしまいます。

 

でも大丈夫です。

  • 「ウールライク」を選ぶ
  • サイズを下げて履いてみる

この2つのコツを駆使すれば
抜群に着こなしやすいものを手に入れる事ができます!!

スポンサーリンク

1.「ウールライク」がおすすめ!

ユニクロのジョガーパンツ(ウールライク)
出典 uniqlo.com

ユニクロのジョガーパンツは
着々とラインナップを増やしていて、

  • ウールライク
  • コットン
  • デニム
  • カーゴ

・・・と、2016年4月現在では
メンズ用だけで4種類もありますが、

選ぶなら断然、
「ウールライク」がおすすめです!!

 

この「ウールライク」というのは、

「スラックスのようなジョガーパンツ」

を意味するのですが、
ユニクロのジョガーパンツ(ウールライク・黒)
出典 uniqlo.com

見た目は裾部分を除くと
もはや完全にスラックスです。笑

でもジョガーパンツなので当然、
ストレッチ性抜群でラクに履けます。

 

例えばスウェット素材などの
ジョガーパンツの場合だと、

どうしても部屋着感や
だらしなさが出てしまいがちなので
注意しなければならないのですが、

 

このジョガーパンツであれば
「スラックス的なカッチリ感」
も兼ね備えているので、

ラフすぎずカッチリすぎず、
非常にバランスの良い仕上がりで、
抜群に着こなしやすいジョガーパンツなんです!!

 

2.サイズを下げて履いてみよう!

ユニクロのジョガーパンツの裾
出典 uniqlo.com

ユニクロのジョガーパンツは
値段の割になかなかの良品ですが、

  • 細さが足りない
  • 店舗で裾上げできない

という、
2つの大きな欠点があります。

 

大量生産によって
価格を抑えているユニクロ製品は、

どうしても万人向けに作られるので
細さが足りないものが多いのですが、

ジョガーパンツも例外ではなく
細さがイマイチ物足りない上に、

裾のフィット感も弱く、
とにかく細さが中途半端な印象です。

 

そこで、細さが足りないと感じたら
1サイズ下げて履いてみる事をおすすめします。

 

ユニクロのジョガーパンツは
ウエスト部分がゴムになっているので、

サイズを下げて履いても
ウエスト部分は問題ないはずですし、

試着して細さが足りないと感じたら
サイズを下げて試してみてください。

 

・・・ちなみに僕の場合は
店舗でSサイズを試着した際に
細さが足りない印象だったので、

通販限定のXSサイズ
試しに注文してみたところ、

まぁまぁいい感じの細さだったので、
返品せずに済みました。笑

ジョガーパンツ(ウールライク) – UNIQLO

(送料はかかりますが、返品は無料です。)

 

また、ウエスト部分がゴムなので
多少の丈の長さの調節は可能ですが、

丈が長すぎるor短すぎるといった場合、
ユニクロでは裾上げに対応してくれないので注意です。

 

裾が短すぎる場合には
残念ながらお手上げですが、

裾が長すぎる場合には
お直し屋さんで裾上げをしてもらうのもアリです。

知らなきゃ損!!ユニクロ製品のお直し料金を10%引きにする裏技

(割引を使えば1,000円もかからないはずです。)

 

まとめ

ユニクロのジョガーパンツは、

  • 「ウールライク」を選ぶ
  • サイズを下げて履いてみる

この2つのコツを駆使して選べば
抜群に着こなしやすいものを手に入れる事ができる。

 

・着こなしに3つの鉄則が!

ジョガーパンツを手に入れたら、
着こなし方の鉄則もチェックしましょう!!

3つの鉄則を守ってジョガーパンツをお洒落に履こう!!