ユニクロと無印良品の見えない靴下では、
どちらが優れているのでしょうか?

同価格帯で売られている両者の性能を、
実際に履き比べてみて徹底比較しました!!

スポンサーリンク

 

ユニクロvs無印良品、徹底比較!!

前回の記事で、見えない靴下の選び方と、
具体的なおすすめアイテムとして、

ユニクロのベリーショートソックスを
おすすめしたのですが、

見えない靴下の選び方とおすすめアイテム

 

ネット上の評判などを見ていると、
無印良品の見えない靴下も良いとの噂があります。

そしてなんと、両者共に、
3足セットが1000円で買えちゃうんです!!

 

・・・これはもう、
徹底比較しなければいけませんね(笑)

 

・早速比較してみた

無印とユニクロの靴下の比較

左のグレーの靴下が
ユニクロの「ベリーショートソックス」で、

右の黒の靴下が
無印良品の「フットカバー」です。

 

・・・実は今さっき、
この脱いだら恥ずかしいスタイルで
ちょっと買い物に行ってきたのですが、

どちらも脱げてしまう事は無く、
非常に快適に歩くことができました!!

 

という訳で、最も重要なポイントである、
「絶対に脱げないこと」に関しては、
両者共にとりあえず、合格としましょう(笑)

そうなってくると、比較すべきは
靴下の形と、履き心地という事になってきますね。

 

ちなみに、写真を見てもわかる通り、
足の甲の露出具合に関しては、
両者に違いはほとんどありません。

では続いて、
横からの写真で比較してみます。

 

・横から比較してみた

無印の靴下の横からの画像
↑無印良品「フットカバー」

ユニクロの靴下の横からの画像
↑ユニクロ「ベリーショートソックス」

これは明らかに違いますね!!

 

かかとがスッポリ靴下に収まっている
無印良品に対し、

ユニクロは、今にも脱げそうに見えるくらい、
かかと部分も攻めた作りになっています(笑)

(これでも脱げないんだからすごいですよね。)

 

なぜユニクロはこんなに攻めれるのか、
その理由は、裏返して見ると一目瞭然です。

 

・ユニクロが攻めれる理由

靴下の裏側の画像

両者共に、かかと部分に
ゴム素材を使用して作られているのですが、

ユニクロの見えない靴下は、
明らかに強力そうなゴムが付いていますよね(笑)

 

この強力なゴムのおかげで、
かかと部分を攻めまくった作りであっても、
非常に脱げにくく作られています。

逆に、無印良品の方は、
かかとを包み込むような作りのおかげで、
非常に脱げにくく作られているんですね。

スポンサーリンク

結局ユニクロと無印良品、どっちが良いの?

ユニクロのベリーショートソックスは
かかと部分も見えにくく作られているのですが、
その分、履き心地は無印良品に劣ります。

逆に、無印良品は履き心地は勝るものの、
靴によっては、かかと部分が若干見えてしまいます。

まとめると・・・

 

・履き心地
無印良品 > ユニクロ

・脱げにくさ
ユニクロ ≒ 無印良品

・見えなさ具合
ユニクロ > 無印良品

 

はい、見事に互角です(笑)

互角なのですが、見えない靴下として
どちらの方が優れているのかと言うと・・・

 

圧倒的にユニクロです!!

なぜかと言うと、
見えない靴下は見えちゃいけないからです(笑)

 

そのまんまなのですが、
見えない靴下ってそもそも、

靴下を見えなくすることで、
まるで素足で靴を履いているかのような
スタイルを実現するためのアイテムです。

 

・・・にも関わらず、
かかと部分が見えてしまう危険性のある
無印良品のフットカバーでは、

多少履き心地が良かろうと、
見えない靴下としては、やはり不完全です。

 

なので、くるぶしの靴擦れが
ヒドすぎてもう耐えられない!!

・・・というような場合でなければ、
僕は個人的に、ユニクロを強くおすすめします。

※追記
この記事で比較したものとは別の、
無印の見えない靴下を2つ発見したので、
購入して新たにユニクロと比較しました!!

無印良品の見えない靴下2種を新たに調査した結果

 

・見えない靴下が大活躍するスタイル

今年の春夏は見えない靴下を取り入れて、
オシャレなロールアップスタイルに挑戦してみましょう!!

オシャレなロールアップのやり方とコツ